社員紹介

羽生 光章はにゅう みつあき
(運用エンジニア)

羽生 光章(運用エンジニア)

羽生 光章はにゅう みつあき
(運用エンジニア)


入社のきっかけ

入社のきっかけ 私はエンジニアリンググループで、チームのマネージャーをしています。私がハートビーツ(以下HB)に入社したきっかけは、前職の在籍中に代表の藤崎に声を掛けられたことが始まりでした。ただその時はタイミングが合わなくてお断りしたんですが、その後もずっと気になっていて。そこで、前職の区切りがついたタイミングで採用面接を受けました。

なぜそこまで気になっていたかと言うと、前職でHBと仕事をする機会があったのですが、こちらの要求に対して同じ方向を向いて物事を考えてくれるのはもちろん、高いレベルで技術課題の解決、提案をしてくれてたので、とても魅力的な会社だなと思っていたからです。また、前職でホスティングサービスを運用していたときがあり、HBでやってる業務は理解できていました。顧客目線で仕事ができる。だから働きたいと思えたんです。また、コンサルやマネジメントでキャリアを築きたいという思いをここでは実現できそうだと思ったのも決め手になりましたね。

ハートビーツだからできたこと

ハートビーツだからできたこと 言われたことをやるだけでなく、改善、提案ができる環境にあるというところです。 自主的に問題や課題をあげて、「こういうところをもっと効率化しましょう」とか、「そもそも決まりがないのでつくっていきましょうよ」とみんなで意見を出し合って進めていっています。また、知らないこと、初めて関わる技術も多いので、新鮮さがあって飽きがこない。そして、手本になる人が多くいることも刺激になります。特に取締役の高村、最前線で活躍している松鵜の仕事っぷりがとても参考になります。

ハートビーツの社風

ハートビーツの社風 エンジニアリンググループ内でいうと、インフラだけでなく開発もできるエンジニアが多いのもうちの特徴かもしれません。みんなコードを書くのが好きですね。 分業化が進んではいますが、基本的にエンジニアの守備範囲が広い。それと、親切な人がとても多いんです。困ったときもSlack内のTechチャンネルに質問すれば必ず誰かが回答してくれますよ。意見や提案があった場合はそのままにせず、誰かがキャッチします。そういった日頃の積み重ねで少しずつ改善していることも多くあります。みんなが自分ごとと捉えて、自主的に動くからでしょうね。会社全体の取り決めは上層部で決めるんですが、上の人だけで独りよがりに決まっていくことは原則ありません。特に福利厚生や社内制度は、社員の意見が反映されやすく、そういった意味でも働きやすい環境だと思いますね。

入社に際して持っていたら便利なスキル

HBに入社するために必要なスキルは、技術的なことではないのですが、僕は「質問する力」かなと思います。Techチャンネルや、先輩にわからないことがあったら遠慮なく質問できます。聞く前にまず調べることも大切ですが、入社直後はまだまだ会社のルールや作法などは整えている最中というところもあるので、わからないと思うことや不安に感じることはにどんどん質問してほしいと思っています。

未来の後輩たちへのメッセージ

未来の後輩たちへのメッセージ 今ある技術力や経験も大事ですが、新しい技術や課題を受け入れて向き合える「素直さ」が大切だと思います。机上の勉強も大事だけど、実際に手を動かすことが重要です。HBにはその環境が十分にあります。ですからとにかく積極的に手を動かし、共に技術を身に付けていきましょう!