社員紹介

どんな社員が、どんな思いで働いているのか?
活躍している社員、そして
取締役採用担当の本音をご覧ください。

高村 成道たかむら なりみち
(取締役)

“2010年10月、組織づくりへの高いモチベーションとIT技術への憧れから、全くIT技術に触れたことがない状態で、電気通信大学在学中にアルバイトとして株式会社ハートビーツに入社。 Webサービス運用の第一線に立ち、組織づくりを行うための第一歩としてゼロベースで社内研修制度を構築し、新卒・中途問わず技術者の教育に携わる。”

田中 雄大たなか ゆうた
(運用エンジニア)

“HBは研修や、先輩たちのサポートがしっかりしている会社です。僕は新卒で入社したのですが、エンジニアリングチームにすぐに所属するのではなく、いったん監視チームで経験を積みました。入社してからは厳しい研修を経て、既存のお客様サーバの監視復旧という業務に入るので、多くのお客様のインフラ環境を知ることができます。”

松鵜 琢人まつう たくと
(運用エンジニア)

“社内の知見がしっかり貯まっているので、分からないと思うことがあっても社内で解決できることが多い。直接話すのが苦手な人も、Slackなど気軽に質問できる環境があります。ちょっと思いつきや疑問もそこに投げると、役職関係なしに分かる人が答えてくれる場所がある。みんなで成長していこうとする社風なんです。”

羽生 光章はにゅう みつあき
(運用エンジニア)

“言われたことをやるだけでなく、改善、提案ができる。「現場共有会」という会議が隔週で開かれてるんですが、問題や課題をそこであげて、「こういうところをもっと効率化しましょう」とか、「そもそも決まりがないのでつくっていきましょうよ」とみんなで意見を出し合って進めていくという社風ですね。”

磯崎 怜いそざき さとし
(採用・広報)

2009年大学卒業後、2社の人材派遣会社に勤め、新規営業、所長としてとしての拠点運営、マネジメント、リクルーターとして採用活動全般を経験。2015年に音楽業界のITベンチャーへ初の人事担当して入社し、採用、労務、教育、その他の人事施策等をメインに担当。2017年には採用広報部門を立ち上げ、部内のマネジメントも担当。2018年6月から現職で採用、広報領域を担当。